FC2ブログ
2019/01/28

麻布十番『新福菜館』

幼い頃から第一旭派だったので、新福菜館は行った事がなく、今回初めていただきました!
でも初新福菜館は、京都ではなく、麻布十番でした。
(第一旭好きの叔父に小さい頃から連れて行かれていたから、このラーメンが都内でなかなか食べられないことが大人になってから分かる・・・。)
てぃなみに、第一旭は新宿御苑にも出来たみたいなので、今度行ってみますっ!
 





 
ラーメンが、た、たべたいんだなぁという気分だった時、たまたまお店の前を通りかかって、びっくり!
以前から麻布十番にあることは知っていたけど、ここだったんだーと、すぐに入店。
 
ラーメン並と焼き飯(小)←焼き飯は二人で分けてます。
を注文。
 

麺がたっぷりでチャーシューも結構入ってて(当人比)満足でした!
しいて言うなら、次は麺を固麺で頼んでみようかなぁと。。。
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
お店が狭いので、ぶっちゃけ住めないと思う。
でも荷物入れるかごはたくさんあったから、イスの下のカゴに箱座りしてお待ちしています。
スポンサーサイト



2019/01/25

上目黒『朝松庵』

目黒銀座商店街でお昼を食べることになり、目に入った渋いお店。 
お店を出る前に衝撃の事実を知ることになる。。。。。
 
食品サンプルの横にあるメニューは日に焼けてしまい、よく分からない状態になっているけど、かろうじて読めた中華五目。
 
お蕎麦屋さんで食べるラーメンも結構好きなので、頼んでみることに。
 
お正月か!というくらいの具がたくさん乗った、和風ラーメンが登場!

チャーシュー、わかめ、 麩、ナルト、かまぼこ、しいたけ、のり、伊達巻、生卵。
 
やわらかめの中華麺とやさしいスープでいやされました。
 
ただ、ただ、量が少なくて、もの足りない!
大盛りで、他のお店の普通盛りくらいなんじゃないかと予想できるくらい、どんぶりも小さくて、麺も少ないので、次回は大盛りで。
 
いや、昭和の良き時代はこんなくらいの量だったんだろうなぁ、なんて。
さらにお店を出る前に、メニューを眺めていると、なんと衝撃の事実が!
 
カレーうどん発祥の店だったのです!
ここではまず、カレーそばかうどん、カレー丼をいただくべきでした。。。
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
 
ファミリー経営的なお店だから、二階とお店を行き来しながら、カレーのスパイスに酔いたい。
2019/01/22

三鷹台『ローラン』

吉祥寺までちょっと自転車で。 
そんな時に偶然発見したお店。
蔦のからまるすてきな外観。
そこから見える小さなショーケースにケーキが並んでいました。
 
気になって自転車ストップ!
こういうところが自転車の良いところです。
 
レアチーズケーキは自転車での移動に向かないから、買って公園で食べようと思ったけど、少し急いでいたので、
今回は、チーズケーキ、アップルパイ、マロン、バナナケーキをお買い上げ。
 
↓奥、チーズケーキ
手前左の丸っこいのが、マロン、右がアップルパイ。


きちんと包装してくれるところが、昭和の良いお店感で、すきなポイント!
店内には、なんと武者小路実篤先生直筆の「露卯蘭」の書が!
 
他にも食べたいものはたくさんあるけど、また来よう!
 
アップルパイはりんごぎっしり!
チーズケーキも濃厚でした。
 バナナケーキは口コミによると、保存料が入ってなく、シンプルな材料で作られているのて、要冷蔵らしいです。
バナナがみっちり入っていて、素朴な味で朝ごはんにもいただきました!
そしてそして、ためしに買ったくらいの感じだったマロン。
お酒がきいていて、大人の味で、めちゃめちゃ好みだったー!
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
ショーケースのところに、番頭ばりに居座りながら、「人生論・愛について」を読みながら、お客様を待ちたい。
夜はのこったケーキをいただきたい。
 
2018/11/20

神宮前『チャオチャオバンブー』

ややこしいけど、最初に近くの一号店?チャオバンブーに行ったのがはじまりかなぁ。 
だいぶ前にアジアン、エスニック料理にはまっていて、なんでもパクチーを多めにトッピングしてもらっていたあの頃(笑)。
屋台っぽいビニールで覆われた感じも好きだったのですが、チャオバンブーに行ったら混んでいたから二号店が近くにあるのを知って、チャオチャオバンブーに。
なんと、チャオグループ(勝手に命名)、メニューが各店舗で違います。
 
チャオチャオバンブーはきれい目な感じで、テーブルと丸イスが屋台感を出しています。
 
なぜ、チャオチャオの方によく行くのか、ずばりこのメニュー目当てと言っても過言ではない。
 
胡瓜と干しエビの和え物
胡瓜ににんにくと干しエビが入ったオイルが和えてあるだけなんだけど、、、これが、つまみにもなるし、ごはんにも合うし、一人一個頼みたいくらい、なんならこれとゴハンで勝手に定食にしたいくらい。
ただし、次に何か予定がある人にはオヌヌメできません、にんにくだから。。。
他のメニューも基本にんにく入ってるっぽいけど(汗)
 
 
あとはこの時食べたものは、
 
空芯菜のオイスターソース炒め
これはもう説明不要なメニューだけど、エビが入っていて、ソースに良い出汁がでてて、これも白飯が欲しくなって困る。。。
茎は歯ごたえあるし、葉っぱはやわらかいし、どちらも楽しめる!
 
牛肉入りスパイシーチャーハン
パッタイを頼むことが多いけど、今回はチャーハンを欲していたので、こちらに。
ライムを搾っていただくと、すっぱ辛うま!
後から結構辛くなってくる。
セルフのジャスミンティーをゴクゴクいただけるのもうれしい!
 
ちょっと足りないかなぁとも思いつつも、今回はさくっと。
 
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
スパイシーな香りをかぎながら、店番したい。
 
 
2018/11/13

道玄坂『長崎飯店 渋谷店』

渋谷の人ごみを歩いていたら、、、 
「腹が・・・減った・・・」
(ポン、ポン、ポン・・・)
 
 
道玄坂を下りながら路地を入ると、すぐに看板が見えます。
今日は長崎飯店 渋谷店。
土曜日でランチ時間をはずしたからか、すぐに入れました。
でも店内はほぼほぼ満席。
 
予習済みだったので、ランチ皿うどんの軟麺でごはんなし。(パリパリ麺の硬麺も選べます)
ごはん付けても金額は変わらないけど、皿うどんをダイレクトに感じたくて、あと餃子か春巻き食べたいなぁと思ったのもあり、今回はなし。
 
wkwkしながら待っていたら結構早く到着!
 
皿うどん、どーん!
野菜たっぷりでおいしそう!
麺はちゃんぽんの麺を茹でてから、焼いているみたいで、焦げ目があって、香ばしくておいしい!

持ち上げながら撮ったら、ボケちゃいました、さーせん。
半分はそのままで、途中で長崎のウスターソース?金蝶ソースで味を変えながらいただきました。
 
そしてこれこそ、映えな餃子が到着!

羽がゴイスー。
羽が香ばしくてまいうー。
パリパリの面と皮のもっちりな面と両方あって、餡もあっさり目でした。
ランチの皿うどんが880円で、餃子が670円だったかな、値段だけみると、餃子・・・って思ってしまうけど、一個が大きいので、よほどたくさん食べられる人でなければ、シェアした方がよいなぁと。
またすぐ行きたいお店でした。
次回は春巻きを頼みたい!
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
奥の席は電波が届きづらいけど、円卓でくるくる回っていたい。