FC2ブログ
2018/11/13

道玄坂『長崎飯店 渋谷店』

渋谷の人ごみを歩いていたら、、、 
「腹が・・・減った・・・」
(ポン、ポン、ポン・・・)
 
 
道玄坂を下りながら路地を入ると、すぐに看板が見えます。
今日は長崎飯店 渋谷店。
土曜日でランチ時間をはずしたからか、すぐに入れました。
でも店内はほぼほぼ満席。
 
予習済みだったので、ランチ皿うどんの軟麺でごはんなし。(パリパリ麺の硬麺も選べます)
ごはん付けても金額は変わらないけど、皿うどんをダイレクトに感じたくて、あと餃子か春巻き食べたいなぁと思ったのもあり、今回はなし。
 
wkwkしながら待っていたら結構早く到着!
 
皿うどん、どーん!
野菜たっぷりでおいしそう!
麺はちゃんぽんの麺を茹でてから、焼いているみたいで、焦げ目があって、香ばしくておいしい!

持ち上げながら撮ったら、ボケちゃいました、さーせん。
半分はそのままで、途中で長崎のウスターソース?金蝶ソースで味を変えながらいただきました。
 
そしてこれこそ、映えな餃子が到着!

羽がゴイスー。
羽が香ばしくてまいうー。
パリパリの面と皮のもっちりな面と両方あって、餡もあっさり目でした。
ランチの皿うどんが880円で、餃子が670円だったかな、値段だけみると、餃子・・・って思ってしまうけど、一個が大きいので、よほどたくさん食べられる人でなければ、シェアした方がよいなぁと。
またすぐ行きたいお店でした。
次回は春巻きを頼みたい!
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
奥の席は電波が届きづらいけど、円卓でくるくる回っていたい。
2018/11/04

六本木『サイーファ(サフィファ) ケバブアンドビリヤニ』

出だしから、店名がどっちか不明ですが、ギロッポンでインド料理を食べるなら、ここ!(当社比)
 
ビリヤニやらニハリやらパヤやら、聞きなれないインド料理がランチでもいただけます。
いつもチキンビリヤニかこの選べる3種のカレーセット。
このカレーセットのナンをチーズクルチャにするのが、ネコぱん流っちゃ!
プラス250円の価値ありです!
 

ランチセットはサラダとドリンクがついています。
ドリンクにチャイがあって、しかもホットとアイスがあるのが、お茶なだけにうれしいっちゃ!
夏は大体アイスチャイにするのが、ネコぱん流っちゃ!
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
本格スパイスに酔っ払いつつ、きびきび動く店員さんにゴロニャン!
(もはや意味不明・・・。)
 
2018/10/20

東新宿『クッパヤ』

新大久保にいくといつも行くサムギョプサルランチのお店があるんだけど、最近、店員さんの接客がアレでちょっとなぁと思いつつ、走っていたら、発見!その名も「クッパヤ」
 
「おい女将、クッパをくれ」(←韓国時代劇ドラマでよく聞くセリフ)
 
のクッパのお店!?
 
気になって外のメニューを見たら、ブサン豚クッパにひかれる。
 
なんか辛くなさそうだし、豚のスープだし、おいしそう。
 
あの接客付きのサムギョプサルと天秤にかけて、新規開拓してみるか!と入店。
 
先に言っちゃうけど、大正解でした。
 
おかず3種とカクテキ、一口そうめん、ゴハンが付いてきます。
このおかずも地味においしい。
 
ブサン豚クッパは一緒にアミの塩辛とタデギ(唐辛子調味料的な)、ニラが出てきます。
 
GTGT、ATAT、
あ、グツグツ、アツアツのスープを一飲み。
塩気が入ってません。
 
そこでアミの塩辛とそうめん、ニラを投入。
 
豚にくはGRGR、
あ、ゴロゴロとものすごい数が入っていて、豚肉を取り出し、アミの塩辛やタデギをつけていただきながら、ゴハンとスープを。
焼いてないけど、肉が多くて、サムギョプサルより満足感高かったです。
(お腹いっぱいになり、その後予定していた買い食いができなくなる)
 
途中、タデギで少し辛味を追加して味変もできるので、最後まで飽きずにいただけます。
 
見ていると、サムゲタンが人気のようだったので、次回。と思ったけど、次回もブサン豚クッパはリピート必至な予感。
 
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
お姉さんたちがみんなお肌TRTR、あ、つるつるなのが、やっぱり自然に湯気を浴びてるからなのか?
毛艶のためにも、一緒にバイト希望。
2018/10/16

東麻布『大越』

ずっと気になっていた洋食屋さん。
日曜日でお休みだったりでなかなか入る機会がなく、ある日、テレビで初めて見ることになります。
 
そう、モヤさま。
 
キュートなお母さんの、「ハンバーク、ワンッッ!」に癒された人も多いと思います。
 
すでに何度か行っていますが、今回は、大越の名前を付けた、大越弁当。
 
ハンバーグ、エビフライ、カニクリームコロッケ、スパゲティ、角煮、卵焼き、コールスロー、ポテトサラダが少しずつ入ったお弁当スタイル。
もうダレトク?
ネコぱん得でしかない!
 
これにお味噌汁がついてるのですが、後で壁に書いてあるメニューになんとコーヒー付きと書いてあるのを発見!
食後にアイスかホットのコーヒーが付きます。
 
前回行った時に食べたポテサラとコールスローサラダが食べたくて、大好きなハンバーグやカニクリームも入っているし、少しずつ入っているおかずもおいしいし、しばらくこればっかり頼んじゃいそうな気がしています。
 
もちろん普通にハンバーグとスパゲティとかいろいろオヌヌメです。
 
少しもの足りないかなって時でも、単品でエビフライとかカキフライとか付けられます。
 
明るくてかわいいお母さんに会いに、また通いたいお店の一つです。
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
実はすでに先住ネコ様が!
お母さんはワンッ!て言っているけど、ネコ派なのです。
お店が終わると上からおりてきて、ソファー席に座っているらしい痕跡(爪あと)も発見!
通いのバイトさせてください、ニャン!
2018/10/13

新宿『オリジナルパンケーキハウス』

新宿に用事があり、疲れて休憩したくて、検索。 
新宿 ホットケーキで出てきたのが、オリジナルパンケーキハウス。
アメリカでしか食べられなかった創業60年の伝統とレキシ、いや歴史あるパンケーキ専門店。
 
パンケーキとホットケーキは違う!けど、ルミネにいたからもう入っちゃいました。
 
しかし並ぶ。
並ぶ。
座って並ぶ。
 
席数があるので、15分くらいで入れたかと。
 
メニューが結構あって、甘いのもしょっぱいのもあり、ものすごい悩みましたが、ダッチベイビーに。
 
食品サンプルを見ると結構大きくて高まる期待。
 
出てきたら、お姉さんが、最終調理?トッピング?してくれます。
バターをこれでもかと塗って、粉糖をかけ、レモンをしぼる。
 
楽しみにしてた、サ、サイズは食品サンプルより、ち、ちいさいんだな。
 
最後にぎゅっとしぼったレモンが結構聞いていて、チーズケーキみたいな、レモンパイのようなさわやかさ。
シンプルな生地の感じもあっておいしくいただきました。
 
他にもぽってりとしたスフレっぽいパンケーキが人気のようでした。
 
でも、や、やっぱり、き、喫茶店が、す、すきなんだな。
 
 
【ネコ的住みたくなるポイント】
 
老舗といえども、チェーン店的になるから、寝泊りは厳しそう。
でも、バイトのお姉さん達とワイワイしながら青春エンジョイ(ハート)!